公益社団法人川崎市看護協会 本文へジャンプ
看護職を目指している方へ

看護職活躍の
場所いろいろ
看護職資格
取得のコース

■□■ 看護職活躍の場所いろいろ ■□■

看護師などの資格を取得すると、病院・診療所だけでなく
いろいろな施設・分野で働くことができます。

看護師 保健師

病院や診療所などで、入院患者や家庭療養をしている人、家族に対して日常生活を援助・助言します。
医師が診療・治療を行う際には、安全で効果的に行えるようにします。


保健所や市町村で、地域の方々が健康に過ごせるよう助言や指導を行います。また、家庭療養をしている人への支援も行います。


准看護師 助産師

医師や看護師の指示に従っての看護業務が主です。
看護師2年課程に進学することで、看護師の資格を得ることができます。


出産の際の分娩介助や、妊婦への生活指導、出産後には育児指導などを行います。現在は女性のみの職業です。個人で助産所を開設することもできます。



■□■看護職の活躍の場■□■


訪問看護ステーション 企業の健康管理室

介護が必要な寝たきりのお年寄りや、病気の方々に対して、自宅で安心して生活が送れるよう看護職員が家庭を訪問し、援助します。


企業の健康管理室などで、働く人々の心と体の健康管理にあたり、職場環境の改善などを提案していきます。


助産所 介護老人保健・福祉施設

お産の介助、妊婦さんと赤ちゃんの健康管理や保健指導、性教育、家族計画などの指導を行います。


お年寄りの健康管理やリハビリ・看護・介護等を行い、療養生活を支えます。


養護教論 看護の教育機関
看護師免許を受けた後、養護教諭指定の保健学校又は大学の別科で1年間学ぶと、小・中・高等学校の養護教諭の免許が取得できます。
看護師、准看護師学校・養成所等の教員になるには病院経験5年の後、6ヶ月または1年間の教員養成教育を受講する必要があります。看護系の短大・大学教員になるには、大学院を卒業する必要があります。


在宅介護支援センター
デイサービスセンター
市町村・保健所
都道府県・国

自宅で療養中のお年寄りや一人暮らしの高齢者の衣食住や健康管理の維持を助けるため、これらの施設等でデイケア、ショートステイのサービスを行っています。ここでも、看護師をはじめとする看護職員の援助が不可欠です

保健医療の問題や今後の施策を考えるなど、自治体や国レベルで人々の健康づくりのために働くこともできます。

家庭に入っても・・
ナースセンターに登録を
海外で働く・留学・国際協力

結婚・育児などで仕事からいったん離れても、再就職先の紹介や情報をうけることができます。


看護の知識・資格を生かして、世界で活躍することも可能です。海外の看護大学・大学院への留学やJICA(国際協力事業団)や青年海外協力隊などの活動への参画など。

 
   

看護職に関する御相談・ご質問または、このページの
内容については川崎市看護協会までお問合せ下さい。
(Tel 044-711-3995 受付は月〜金曜の9:30〜12:00 、13:00〜17:00)